アイデア

カリフラワー:人体への利点と害


カリフラワー(Brassica oleracea L. var。Botrytis L.)は一般的な野菜作物であり、キャベツとしてランク付けされています。野菜栽培は品種グループボトリティスに割り当てられており、食物や薬用に使用することで、人体に大きな利益をもたらし、健康を強化することができます。

カリフラワーの有用な特性

カリフラワーの栄養価と薬効または有益な特性は、その生化学的組成によって決まります、ビタミン、ミネラル、炭水化物、十分な量のタンパク質、その他の同等に有用な物質が含まれます。

カリフラワー:利点と害

タンパク質の大部分は、よく同化された窒素成分で構成されており、カリフラワーをできるだけ簡単に吸収できます。

  • Brassica oleraceaには非常に穏やかな構造と消化しやすいセルロースが含まれており、柔らかくはあるが非常に効果的な腸洗浄に貢献します。
  • カリフラワーの定期的な使用は赤血球の再生を促進し、十分な量のマグネシウムとアスコルビン酸が体による鉄の吸収を大幅に促進し、その結果、組織と臓器に最も効果的に酸素が供給されます;
  • このようなキャベツの花序には、実際には脂肪が含まれておらず、炭水化物含有量の少ない食事をとる人々の食事にも使用できます。

  • 野菜栽培には有効成分であるビオチンが含まれており、顕著な抗炎症効果があります。
  • クロロフィルと強力な抗酸化物質の存在は、かなり活発な抗癌効果を持っています。
  • カリフラワーは、消化管全体の粘膜に刺激的および外傷性の効果を及ぼすことができません。
  • 花序を定期的に使用すると、非常に軽度の胆汁分泌促進作用が認められます。
  • カリフラワーには、血糖値を下げるのに役立つ成分と生理活性物質が含まれています。

この野菜作物の花序には、顕著な抗感染性、咳、および免疫力を高める効果があり、ビタミンの含有量を増やすとビタミン欠乏と風邪のリスクが最小限に抑えられることが科学的に証明されています。

化学組成とカロリー量

カリフラワー-栄養価が高く栄養価の高い野菜製品、これは人口のほぼすべてのカテゴリに役立ちます。未加工製品のエネルギー値または総カロリー量:100グラムは、BZHUの比率で29-30 kcalのみを占めます:1:0.1:1.7。生の園芸文化とそこからの料理に含まれるカロリーと栄養素を知ることで、女性とより強いセックスの両方のために、減量または減量のために食事を使用する可能性を判断できます。

栄養素数量
表示する役職mg 100グラムあたり日単位のレート(%)
ビタミン「A」3.0 mcg0.3
ベータカロチン0.021.3
チアミン0.16.7
リボフラビン0.15.6
コリン45.29,0
パントテン酸0.918
ピリドキシン0.168
葉酸23.0 mcg5.8
アスコルビン酸70.077.8
アルファトコフェロール0.21.3
ビオチン1.5 mcg3.0
フィロキノン16.0 mcg13.3
「PP」1.05.0
主要栄養素カリウム210.08.4
カルシウム26.02.6
マグネシウム17.04.3
ナトリウム10.00.8
リン51.06.4
微量元素1.47.8
マンガン0.1567.8
42.0 mcg4.2
セレン0.6 mcg1.1
フッ素1.0 mcg-
亜鉛0.282.3
カロリー量リス2.53.3
脂肪0.30.5
炭水化物4.22.0
有機酸0.1-
食物繊維2.110.5
903.8
0.8-

カリフラワーの治癒特性

優れた味と高い栄養価に加えてカリフラワー には多くの利点があり、多くの病気の予防と治療に使用できます:

  • 野菜作物の軽度の下剤効果の存在は、便秘や腸の運動障害のための食事の準備に広く使用されています。
  • 皮下脂肪と有効成分を燃焼させる物質が含まれているため、野菜栽培は肥満の人々に人気があります。

ベシャメルソースとカリフラワー:レシピ

  • カリフラワーをベースにした料理を定期的に摂取すると、秋、脂漏症、さまざまな年齢層で一般的な病気などの皮膚疾患のリスクが最小限に抑えられます。
  • 痛風の治療と予防、ならびに肝臓または胆嚢の疾患にはカリフラワー料理が推奨されます。
  • キャベツジュースは胃液の正常化と基本的な消化プロセスの正常化に役立ちます。

医師と栄養士は、カリフラワー料理をビタミン欠乏症、風邪の予防および免疫力向上のための非常に効果的なツールとして使用することを推奨しています。

禁忌と害

医療目的でカリフラワーを使用するための医学的推奨事項とヒントに従わない場合、この人気のある非常においしいキャベツは有害な可能性があります。この園芸作物の使用に対する禁忌は非常に少ないという事実にもかかわらず、特に慢性疾患の存在下では、それらは必ず考慮されるべきであり、考慮されるべきです。 カリフラワーの使用を大幅に制限すべき疾患は次のとおりです。

  • 体内のカリフラワーの花序に含まれるプリンは尿酸に分解される可能性があるため、重度の慢性腎臓病または痛風の病歴があるため、カリフラワー料理の使用は厳しく制限する必要があります。

  • 膵炎の場合、治療食の最初の段階ではカリフラワー料理はお勧めできません。また、個々の不寛容がなければ、ジャガイモまたはカボチャと組み合わせた野菜栽培の使用が許可されます。
  • 白と赤のキャベツとは異なり、酸性度が低く十二指腸潰瘍のある胃潰瘍では、カリフラワーの使用が最も適切ですが、注意と状態の監視が必要です。
  • まれですが、カリフラワーに対する個々の不耐性とアレルギー反応が見られるため、この野菜作物を使用した料理は初めて慎重に使用する必要があります。

また、酸味の増加を伴う悪化または不安定な寛解の段階での胃炎では、カリフラワー料理の使用を完全に拒否することをお勧めします。

減量のためのカリフラワー

しかし、栄養素の量だけでなく、食事や味の特性に関して、カリフラワーはキャベツの他の品種よりも数倍優れているため、食物としてだけでなく大人や子供にも使用できることに注意することが重要です。