アイデア

種子の層化:その本質は何であり、いつ必要か


層別化は、種子材料の発芽を促進する方法です。種子は泥炭、苔、脱脂綿などの湿った物質で実際に覆われ、一定時間放置されるため、用語自体はインターレースを意味します。

庭師は非常に長い間寒冷成層化を実践しており、しばしば地下にある種子を貯蔵することに表現されています。冬の播種方法は、in vivoで行われる場合、この手順のバリエーションでもあります

成層の種類

園芸の実践では、いくつかのタイプの成層法が使用されます-寒さと暖かく、特に硬い種子の場合は、混合された成層法が使用されます。手順のタイプは、カルチャのタイプに応じて選択されます。これに関する有用な情報は、多くの場合、種子の袋で見つけることができます。ほとんどの場合、種子を温度が0〜+ 4°の条件でかなり長い期間(2〜4か月)置くと、低温成層が必要になります。播種時までに種子が正しい方法で準備されるように、手順は事前に開始する必要があります。

層化する理由

多くの植物種では、種子の胚は深い休眠状態に浸されているため、播種直後に発芽することはできません。休憩期間は、季節、気候、気象条件によって決まります。温帯地域で成長している多くの植物種は、秋から冬にかけて休眠状態にあります。なぜなら、脱落して土に入った直後に発芽すると、寒い冬の気候では小さな芽が必然的に死んでしまうからです。したがって、ブロッカー、成長阻害剤と呼ばれる特別な物質には、安静の生物学的メカニズムが含まれています。冬の間、阻害剤の数は徐々に減少し、成長刺激剤の数は増加します。このようなメカニズムは自然に機能し、春の種子の発芽を確実にします。

他には、春に未熟な庭師が準備に合格していない種をsoく夏の庭のプロットで起こります。これらの種子には、阻害剤が高濃度で存在し、発芽を阻害します。当然、休眠の生物学的メカニズムが有効である限り、種子は発芽しませんが、死ななければ、来年発芽する可能性はわずかです。しかし、庭師はより多くの場合、種子の品質が悪いために失敗を非難し、販売者を非難します。

成層は実際に自然条件を模倣するため、寒さの影響下で休眠状態は終了し、胚は発達の準備が整います。

層化が必要な植物の種子

通常の生息地が熱帯である文化、寒い冬を知らない南部地域では、この手順は必要ありません。種子はそれなしでも省かれ、その熟期は夏の前半に、そしてそれらがすでに発芽するまでに起こります。原則として、種をbeforeく前にその種を水に1日浸すだけで​​十分です。一般に、多くの南部の文化(トマト、コショウ、ナス、カボチャ)では、休眠期間は非常に短いため、種子が播種されるまで種子材料が保存される時間で終わることができます。そのため、このような植物では層別化は役に立ちません。

しかし、植物があります。通常、彼らの祖国は温暖な冬を伴う亜熱帯であり、暖かくまたは組み合わせた成層が必要です。これらの植物種の種子は顕著な休眠期間によって特徴付けられ、それらを生き返らせるための成層化が必要です。彼らの層別化は、季節の変化(神聖、イチイ)の幻想を作り出すと言えます。

最大のグループは、低温成層法が適用される植物で構成されます。そのような植物は、非常に過酷ではないにしても、通常、顕著な冬のある地域に住んでいます。ほとんどの場合、これらは温帯気候帯で成長する種です。

寒冷成層化なしでも発芽する植物があることは注目に値しますが、発芽の割合は著しく悪化します。そのような作物の中には、イチゴ、海クロウメモドキ、スイカズラなどがあります。

冷成層化手順

手順はわずかに異なる場合がありますが、それらに共通するのは、低いプラス温度で高湿度の状態に種子を置くことです。

実績のある方法-湿った粗粒のきれいな砂または泥炭に種子を置きます。種子と砂(泥炭)の比率は1対3です。種子を砂と混ぜた後、水まき缶から水が出るまで水をまき、その後数日間保持します(特定の層化された文化に応じて)。たとえば、クルミに3日間、リンゴとナシに6日間耐えることをお勧めします。採れたての種子はすでに濡れているので、保湿を少なくします。

数日後、種子が膨張すると、種子は砂で散らされ、軽い水分の状態まで乾燥されなければなりません。その後、種子と砂を箱に注ぎ、温度が+ 2°... + 5°の冷蔵室(地下室、地下室)に置きます。種子箱には、空気が循環し、余分な水が排出されるように、底部と側壁に開口部を設ける必要があります。

種子は成層プロセスを通過しますが、10〜15日ごとに検査して、腐敗した種子を除去し、必要な程度の水分を維持する必要があります。成層のこの段階は、根芽の出現で終了します。次に、ボックス内の種子と一緒に徹底的に冷却する必要があります。これにより、たとえば、雪を深く掘り下げ、春と播種の開始まで雪を保持します。

説明した方法は、シードの大きなバッチの存在下で使用することをお勧めしますが、層別化のためのシードがそれほど多くない場合は、他の方法を使用できます。

  • 湿った泥炭のボウルに種をまきます。換気孔のあるラップでプレートを包み、冷蔵庫の底に置きます。
  • 少量の泥炭土壌をポットに注ぎ、種子の層を注ぎ、再び土壌の層、別の種子の層を注ぎ、土壌層で覆います。軽く水をやり、ポットをポリエチレンのフィルムに入れて、冷蔵庫に送って下の棚の1つに置いた。
  • 別の便利な成層方法として、真っ白な素材が必要です。これはいくつかの長いフラップに引き裂かなければなりません、おおよそのパラメーターは10x40 cmです。これらのフラップに種子を広げ、それらを均等に分散させてから、フラップの長い端を曲げて、ロールのように側面部分をねじります。その結果、種子は目を覚ますリスクなしに、フラップの全長に沿って均等に横たわります。種子の種類と層別化が始まった日付を示すラベルをワイヤ上の各ロールに添付する必要があります。

種付きのすべてのロールは、適切な容器に積み重ねられます。容器に少量の水を注ぎ、すべてのロールが濡れるようにしますが、水に浸さないでください。ロールの沈み込みを防ぐ方法はありません。さもないと、この段階での空気の必要量が非常に高いため、水が空気を追い出し、発芽する種子に十分な空気がありません。

より高度な方法では、ミズゴケで種子ロールを濡らします。このコケは、その質量の10倍の体積を保持できます。この場合、容器に配置されたロールはよく湿らせた苔で覆われています。

ロールの入った容器は、正の温度が低い場所に運ばなければなりません。もちろん、ロールが湿ったままであることを確認し、種子の状態を監視する必要があります。

播種のための種子の準備